Youtuberとして成功するには大きなマーケットのジャンルを狙おう

Youtuberというのは、あまり専門的な内容にこだわりすぎないことも重要です。
端的に言えば、難しい話をしても大半の人は理解できないので、マーケットが非常に狭くなってしまいます。
専門的な難しい話をすることが絶対におすすめできないわけではないものの、マーケットがかなり小さい場合にはリスクが大きくなります。
一部の人しか興味を示さない、または理解できない話を動画でしても、その動画を実際に見てくれる人は少ないでしょう。
しかし、誰でも分かる話、専門的ではない話はそれだけ興味を持つ人、理解できる人が多いので、動画を見てくれる人が多くなる可能性があります。
したがって、Youtuberというのは、扱うテーマやジャンルに関するマーケットの大きさというものを意識しないといけないということになります。
そういった部分を意識することができれば、多くの人を対象とした動画を作ることができ、それが再生数の伸びに影響するかもしれないからです。
極端なことを言えば、小学生でも理解ができるような内容を扱うと良いということになりますが、いわゆるエンタメ系はそれに当たります。
テレビ番組で言えば、バラエティなどが該当しますけど、見た人が「面白い」と感じるようなジャンルの動画は多くの人にとって理解がしやすいので、マーケットが非常に大きい状況と言えると思います。
専門的な話というのは、面白い感情とは無縁であり、どちらかというとタメになったというものなので、娯楽ではないわけです。
むしろ教養とか、そっち系のジャンルなので、娯楽と教養であれば、多くが興味を示すのは娯楽でしょう。
つまり、教養系のジャンルと比べたら圧倒的に娯楽の方が、興味を示してくれる可能性が高いということです。
全ての教養系のジャンルがマーケットが小さいというわけではないですけど、全般的にはそういう傾向があるということなのです。
教養系のジャンルでYoutuberとして成功することはなかなか難しい。
仮に成功したとしても、チャンネル登録者数数万人が良いところかな?と思うのです。
娯楽系のYoutuberの中には何百万というチャンネル登録者数の人もいますが、それと比べるとなかなか難しいと思います。
大きく分けると娯楽系と教養系というジャンルになりますけど、マーケットの大きいところを狙うというのが、Youtuberとして成功するために必要な1つのポイントになるということは理解しておくべきです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です